一麦の群

FrontPage

YouTubeライブ
ここをクリック日曜日の礼拝と水曜日の祈祷会はここをクリックしてください

礼拝メッセージと祈祷会メッセージがpodcast で聴けるようになりました。
スマートフォンのApple podcast Apple podcast とgoogle podcastsgoogle podcastsで聴くことができます。アプリ内で「一麦教会」と検索してください。
パソコンでは 礼拝メッセージ一麦教会Podcast 祈祷会メッセージ一麦教会P・M それぞれをクリックしてください。

ようこそ、一麦教会ホームページへ

「御国が来ますように」
マタイの福音書6章9~10節

一麦教会 礼拝堂 パイプオルガン ステンドグラス 壁画

バイブルメッセージ集会案内そのほかの活動

バイブルメッセージ ・・1月

"父親は彼を見つけて、かわいそうに思い、駆け寄って彼の首を抱き、口づけした。"(新約聖書ルカの福音書 15章20節)

ある人に2人の息子がいました。その弟の方は父親に、財産を求めました。通常、遺産の分配は父の死に際して行われますから、生前に財産を求めるとはとても失礼なことです。父親から財産を受け取った弟息子は、遠い国へと旅立っていきました。彼はそこで財産を湯水のように使い果たし、さらにその地方には激しい飢饉がおとずれ、彼は食べるものにも困り、豚の世話をすることとなりました。彼は豚の餌で腹を満たしたいと思うほど飢えていましたが、誰も彼をあわれみ、食事を与えてくれる人はいません。彼は財産も、人としての誇りも、尊厳もすべてを失いました。

そんな孤独と惨めさの中で、彼は我に返り、雇い人が大勢いる父のところへ帰ろう、つみを犯した私は息子と呼ばれる資格はないから、雇い人のひとりにしてもらおう。そうして立って、父のところへと帰っていきました。彼が父のもとへ向かっていくと、まだ遠くにいたのに、父親は息子と認識し、走り寄り、彼の首を抱き、何度も何度も口づけをしました。この父親はずっと、毎日、息子の帰りを待ちわびていました。戻ってきた息子を責めも叱りもせず、私の息子として受け入れ、帰ってきたことを本当に喜びました。

この父親は神様、息子は神様から離れて生きる者の姿です。神様は、この父親のように、神様から遠く離れて生きる者の帰りを、ずっと待っておられます。その存在を決して忘れることなく、愛し、いつくしみ、ご自身のもとに戻ってくることを待っておられるのです。たとえあなたが弟息子のように、だれも助けてくれない、必要としてくれない、誰ひとりとして生きよと声を掛けてくれない、そんな孤独と惨めさのどん底を味わっていたとしても、今日もあなたの帰りをずっと待っていてくださる方がおられるのです。

一度教会へいらしてみませんか。教会は心からあなたを歓迎しますし、あなたの帰りを喜んで迎え入れてくださるお方がおられますから。

(一麦教会 スタッフ)

集会案内

  • 日曜日
    聖日礼拝 AM10:00
    教会学校 AM9:00
    中高科クラス AM9:00
  • 第2日曜日 午後
    壮年会
  • 第4日曜日 午後
    青年会
  • 毎週水曜日
    祈祷会 PM7:00
  • 毎週金曜日
    アンデレ集会(聖書の学び) AM10:00(休止中)
  • 第2火曜日
    婦人会 AM10:00
  • 第4火曜日
    ヤングミセス AM10:00
  • 毎日
    早天祈祷会 AM5:30

そのほかの活動

新型コロナウイルス感染予防のため現在休止中

  • 手話の勉強会
    毎週月曜日 AM10:00
  • ハンドベル
    毎週木曜日 AM10:00

a:239027 t:37 y:72

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

since2010/11/07