一麦の群

FrontPage

東日本と熊本

ようこそ、一麦教会ホームページへ

”神よ、わが心はさだまれり”
詩篇108篇1節(文語訳)

2018クリスマスの夕べ


2018クリスマスイブ

バイブルメッセージ集会案内そのほかの活動

バイブルメッセージ ・・12月

以前、こんなお話を聞いたことがあります。

 あるところに3人家族がありました。お母さんと娘さんはクリスチャンになって教会に通っていましたが、お父さんは教会にはなかなか足が向きません。それは、教会で聞くお話が理由でした。

 教会ではいつも、「神様が人になって、私たちの罪のために十字架にかかってくださった」と言うのですが、お父さんにはイエス・キリストが自分には関係のない人としか思えないのです。「まったく、どうして、神が人にならなければならなかったのか。」そうつぶやいて、二人が教会に出かけた後の静かな家のリビングで新聞を開きました。

すると、突然「ドン!!」という大きな音に飛び上がります。大きな渡り鳥がガラス窓にぶつかったのでした。見ると、怪我をしているようで、このままでは死んでしまいます。ほっておけず、お父さんは立ち上がり、庭に出るのでした。

 助けようとするのですが、人間の姿を見た渡り鳥はおびえ、傷ついた体をばたつかせる。羽は飛び散り、血が雪に広がり、ひどくなるばかり。お父さんは焦ってつぶやきます。「どうして、わかってくれないんだ。助けようとしているのに。」そこで気がついた。ああ、人間だからおびえているんだ。お父さんは白い服に着替え、鳥のように姿を変えて、ゆっくりと鳥に近づいていった。そしてその鳥をやさしくやさしく保護し、助けてあげたのでした。
 その瞬間なのです、まるで電流が走るかのように、気づいたのでした。
「神が人となって人間となられた…」

 神様が人となって、イエス・キリストとなって来てくれたのは、わたしのためだったのか。誰も気づかない怪我をしている、この私を救おうとして。私は、自分で自分を助けようと、もがきながら苦しんでいた。そんな私のために、イエス・キリストが私を保護するために、来てくださったのか。

「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」(新約聖書 ルカの福音書2章11節)

あなたの罪をゆるし、悩みを癒し、永遠のいのちへと救ってくださる神様の救いは、やさしいイエス様を通して、このクリスマスに差し伸べられています。神様を恐れていた、あなたのために。
あなたもイエス様を信じませんか。イエス様はあなたを救ってくださるのですから。

《一麦教会 牧師》

集会案内

  • 日曜日
    聖日礼拝 AM10:00
    教会学校 AM8:45
    中高科クラス AM9:00
  • 第2日曜日 午後
    壮年会
  • 第4日曜日 午後
    青年会
  • 毎週水曜日
    祈祷会 PM7:00
  • 毎週金曜日
    アンデレ集会(聖書の学び) AM10:00(休止中)
  • 第2火曜日
    婦人会 AM10:00
  • 第4火曜日
    ヤングミセス AM10:00

そのほかの活動

  • 手話の勉強会
    毎週月曜日 AM10:00
  • ハンドベル
    毎週木曜日 AM10:00

トータル:136175 今日:50 昨日:45

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

since2010/11/07

累計 本日 昨日