一麦の群

FrontPage

東日本と熊本

ようこそ、一麦教会ホームページへ

”しかし、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。”
コリント人への手紙第一1章23節

一麦教会 礼拝堂 パイプオルガン ステンドグラス 壁画

バイブルメッセージ集会案内そのほかの活動

バイブルメッセージ ・・11月

「雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。…だから恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。」
(新約聖書マタイの福音書10章29、31節)

神様はこの世界と、そしてあなたをお造りになりました。初めて聞かれる方は驚かれるかもしれませんね。
しかし、神様を信じるというのは、人が作る「神のような存在」ではなく、私たちとこの世界をお造りになり、治めておられる神様を信じることなのです。

それを認めるのは、少し不自由な気持ちになるでしょうか。でも、これが、私たち人間にとって、一番の慰めであり、あなたの安心の源なのです。
なぜなら、神様がすべてを治めておられるということは、神様がすべての責任をとってくださるということなのですから。

神様はすべての出来事に時を設けておられますし、価値のつかない、非常に小さな雀さえ、神様の「もうこれでいいよ」という許可があってはじめて息をひきとることが書かれています。

地上の小さな小さないのちさえ、神様はいつくしんでおられ、その生涯を見守っておられ、最善の終わりを定めておられるのです。聖書は言います。「恐れることはない。あなたはたくさんの雀よりも優れているじゃないか」と。小さな一羽をもいつくしまれる主が、人の生涯をいいかげんに扱っているはずがないではありませんか、と。

一見不自由に見えたはずの、神様の御支配は、ここに慰めに変わるのです。
何かが起きた。そのあなたの人生も、主のお許しの中で起きたのです。そこには理由があり、良いことへ向かう目的があったのです。

あなたが悪かったのでも、足りなかったのでもなくて、決してそうではなくて、すべての責任があなたにあるのではなくて、主なる神様が、そのすべての責任を負って、あなたを最善の道へと導いておられるのです。

だから、座り込んでしまわずに、しっかりと泣いたのなら、もう一度神様を信じて立ち上がりましょう。
ぜひ、教会へお越しください。何も持ち物はいりません。普段の格好でいらしてください。教会は喜んであなたをお迎えします。今日のあなたの上に、主イエス様のゆたかな祝福がありますように。†

《一麦教会 牧師》

集会案内

  • 日曜日
    聖日礼拝 AM10:00
    教会学校 AM8:45
    中高科クラス AM9:00
  • 第2日曜日 午後
    壮年会
  • 第4日曜日 午後
    青年会
  • 毎週水曜日
    祈祷会 PM7:00
  • 毎週金曜日
    アンデレ集会(聖書の学び) AM10:00(休止中)
  • 第2火曜日
    婦人会 AM10:00
  • 第4火曜日
    ヤングミセス AM10:00

そのほかの活動

  • 手話の勉強会
    毎週月曜日 AM10:00
  • ハンドベル
    毎週木曜日 AM10:00

トータル:109657 今日:54 昨日:39

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

since2010/11/07

累計 本日 昨日