一麦の群

FrontPage

東日本と熊本

ようこそ、一麦教会ホームページへ

「みことばを行う人になりなさい。
自分を欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけません。」

ヤコブ の手紙1章22節

一麦教会 礼拝堂 パイプオルガン ステンドグラス 壁画

バイブルメッセージ集会案内そのほかの活動

バイブルメッセージ ・・2月

"人間が時間を節約すればするほど、生活はやせほそって、なくなってしまうのです。"ミヒャエル・エンデ

 ミヒャエル・エンデは、ドイツの児童文学作家で、日本でもよく知られている作家ではないでしょうか。彼は「モモ」という作品を書きました。この作品に登場する町の人々は、時間泥棒たちにだまされて、「時間貯蓄銀行」に時間をお金のように預けるために、時間を切り詰めていきました。そうして貯められた時間は、「倍返し」で戻ってくるはずでしたが、増えるどころかどんどん時間はむなしく失われていき、かえって心は冷え切ってしまうばかりでした。
 私の父は60歳になったときにクリスチャンになったのですが、それまでは仕事人間で、「お前たちが日曜日に教会に行っている間、おれが働いているから暮らしていけるんだぞ」とよく言っていました。確かに父は本当によく働いてくださり、そのおかげで私達家族は生活できました。そのことは感謝しています。
 しかし、どうでしょうか。そのようにして高度経済成長時代に馬車馬のように時間を切り詰めて働いた私たちに何が残ったでしょうか。豊かな暖かい交わりが家庭にあるでしょうか。生活にうるおいと喜びがあるでしょうか。定年退職した後、時間の節約どころか時間がありすぎて何をしていいのかわからない、そんな方もあるかもしれません。
 聖書は私たちがどうしたら与えられている時間をよく管理できるか教えています。それは一週間の最初の日を天地万物を創造された神に捧げることです。日曜日に教会に来て創造主なる神をほめたたえ、聖書のことばに耳を傾けるのです。忙しい日々の歩みをしばし止めて、神について、永遠について、愛について考えてみるのはどうでしょう。多くの人にとって「時間の無駄」に思えるかもしれません。しかし、そのようにして一週間を始めるなら、きっと有意義に残りの6日間を過ごすことができるでしょう。試してみませんか。

「どうか教えてください。自分の日を数えることを。そうして私たちに、知恵の心を得させてください。」詩篇90篇12節

(OMFインターナショナル国際主事)

集会案内

  • 日曜日
    聖日礼拝 AM10:00
    教会学校 AM8:45
    中高科クラス AM9:00
  • 第2日曜日 午後
    壮年会
  • 第4日曜日 午後
    青年会
  • 毎週水曜日
    祈祷会 PM7:00
  • 毎週金曜日
    アンデレ集会(聖書の学び) AM10:00(休止中)
  • 第2火曜日
    婦人会 AM10:00
  • 第4火曜日
    ヤングミセス AM10:00

そのほかの活動

  • 手話の勉強会
    毎週月曜日 AM10:00
  • ハンドベル
    毎週木曜日 AM10:00

{トータル:164798}

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

since2010/11/07