一麦の群

FrontPage

東日本と熊本

ようこそ、一麦教会ホームページへ

”神よ、わが心はさだまれり”
詩篇108篇1節(文語訳)

一麦教会 礼拝堂 パイプオルガン ステンドグラス 壁画

バイブルメッセージ集会案内そのほかの活動

バイブルメッセージ ・・6月

「あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから「これが道だ。これに歩め」と言うことばを聞く。」(旧約聖書 イザヤ書30章21節)

アメリカの大型スーパーマーケットに行くと、「え、シリアルの種類ってこんなにあるの?」と、たくさんの選択肢に圧倒されることがあります。
そんなに選択肢があると、何を選んだらよいかわからないと思ってしまったり、何百もある中でひとつを選んで買って帰っても、今、本当に自分が欲しかったのはこれじゃなかったんじゃないか、そう後悔してしまうのではないでしょうか。

「なぜ選ぶたびに後悔するのか」 という、大変面白い本があります。
西洋文化は繁栄と幸福のために、人が選ぶことのできる選択肢を増やしたと、その本は伝えるのですが、冒頭でお話ししたようなことは、そうした文化の一例と言えるのではないでしょうか。ちなみに、その著者は、自宅近くのスーパーでは、クッキーが285種類、紅茶75種類、スープ230種類、歯磨き粉は40種類、ドレッシングに至っては175種類もあった、と伝えていました。

その本の著者は、選択肢が多すぎることについて、こうまとめたのです。
1)あまりに多くの選択肢を与えられると開放感ではなく、無力感を生む。
2)選択肢が多いと、もっといいものがあったはずなのに、と期待値が上がり、私が選んだのは完璧ではないかも、という後悔が満足心をだめにする。
3)そして、これだけ選択肢があるのに完璧を選べなかったのは、世界が悪いのではなく、私が悪いんだ、と自分を責める。

そして、このような結果を導き出します。
ある程度の選択肢はよいが、人は与えられた選択肢が異常に増えてしまうと、不幸になる、と。

神様というお方は、どう生きたらいいのかわからない。正しい道がわからない。そんな無力感にさいなまれていたり、後悔とため息に悩まされたりしやすい私たちに、「これが道だ。これに歩め」と、道を教えてくださる方なのです。無力感を覚えず、後悔しない道を。

その声は聖書を通して聞こえてきます。あなたが聖書を、日々少しずつであっても読み続ける時に、神様はあなたに道を示してくださる方なのです。
ぜひ、聖書を手にとってみてください。それは神のことばです。選択肢の多さに無力感をおぼえるあなたに、正しい道を教えてくださいますから。

そして、あなたも、ぜひ礼拝に来てみてください。聖書から歩むべき道の話がされています。賛美も祈りも聖書も、何もわからなくてもいいのです。持ち物だって何もいりません。普段のあなたのままでお越しください。教会は心から喜んであなたを歓迎いたします。

《一麦教会 牧師》

集会案内

  • 日曜日
    聖日礼拝 AM10:00
    教会学校 AM8:45
    中高科クラス AM9:00
  • 第2日曜日 午後
    壮年会
  • 第4日曜日 午後
    青年会
  • 毎週水曜日
    祈祷会 PM7:00
  • 毎週金曜日
    アンデレ集会(聖書の学び) AM10:00(休止中)
  • 第2火曜日
    婦人会 AM10:00
  • 第4火曜日
    ヤングミセス AM10:00

そのほかの活動

  • 手話の勉強会
    毎週月曜日 AM10:00
  • ハンドベル
    毎週木曜日 AM10:00

トータル:123389 今日:50 昨日:89

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

since2010/11/07

累計 本日 昨日